マイタウンホームドクター

大人の長引く咳について

ふれあい町田ホスピタル
総合診療科 星野伸二

顔写真

 大人の長引く咳の原因疾患として、喘息・咳喘息・アトピー咳漱・慢性閉塞性肺疾患・副鼻腔気管支症候群・逆流性食道炎(胃食道逆流症)・感染後咳漱(百日咳・マイコプラズマ肺炎)があります。他に肺癌や肺結核の初期症状である可能性、肺炎や心疾患(心不全)などの重篤な疾患を念頭に置きます。百日咳とマイコプラズマ肺炎は近頃流行しており、頑固な乾性の咳が特徴です。学校・職場や家庭内などの小集団で感染し、年間を通じ全年齢層に発生が見られます。百日咳の咳は夜間に多く、睡眠を妨げることがあり、春から夏・秋にかけての発生が比較的多く、5月以降に大きく増殖します。近年、乳幼児期の予防接種の効力が減弱した成人の発病が問題になっています。マイコプラズマ肺炎は、秋から冬にかけて多発する傾向があります。咳が3週間以上続く場合は早めの受診をお勧めします。