マイタウンホームドクター

成人用肺炎球菌ワクチンについて

聖ヶ丘病院
薬剤科長 児玉 武

顔写真

 肺炎予防のためにワクチン接種があります。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などを予防して、重症化を防ぎます。ただし、すべての肺炎を防ぐことはできません。
次に該当する方は、成人用肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。65歳以上の方、養護老人ホームや長期療養型施設などに居住されている方、慢性の持病をお持ちの方(呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、慢性肝疾患)、病気や免疫抑制療法のため感染症にかかりやすい状態にある方などです。
ワクチン接種により、接種して部位が痛くなったり、赤くなったり、腫れたり、熱を持ったりすることがありますが、通常は2~3日で治ります。
肺炎球菌ワクチンは2種類あります。接種の方法はワクチンの接種歴や年齢によって異なりますので、接種記録を確認して主治医へご相談ください。