マイタウンホームドクター

終末期への準備

武島内科クリニック
院長 武島英人

顔写真

 長い冬が終わり春真っ盛り。寄稿中の今、桜が綺麗に咲いています。風が吹く度に舞う桜は胸に染みます。日本を象徴する花ですね。さて、先日新聞に終末期患者に対する救急隊員の対応として、心肺停止後の蘇生処置不要を事前に書面で残している場合はかかりつけ医へ確認した上で処置は中止するとありました。しかしながら、容態の急変時に慌てて救急車を呼んでしまったときは救急隊員の心肺蘇生が必要となることはあり、その上でかかりつけ医の判断が必要となります。今から50年前は自宅で出産、死亡はごく普通でした。その後病院が増えて病気になると入院が当たり前の時代になりました。増え続ける医療費削減のため、今再び昔の医療が見直されています。かかりつけ医と在宅の患者さんとの信頼関係が大切です。自宅で最期を迎えたい方はご相談ください。医療は激動の時代ですね。