マイタウンホームドクター

禁煙のススメ

京王堀之内阿部歯科医院
院長 内田宏城

顔写真

 昔に比べてタバコの害は、喫煙者自身の癌や循環器系、呼吸器系の疾患のリスクを上げるだけでなく、受動喫煙によって周囲にまで害をもたらすことが知られるようになりました。最近では、消化器系の入り口である口腔組織にも悪影響があることがわかってきました。喫煙は糖尿病と並んで歯周病の二大要因に挙げられるように、歯周病のリスクが4倍~5倍に上がるだけでなく、非喫煙者に比べて重症化し易いのです。歯周病は進行すると、歯茎の腫れや出血で自覚することが多いですが、喫煙者では症状が出にくく、自覚しないままに進行してしまいます。歯周病の治療や手術を行った場合も非喫煙者に比較して治療効果が明らかに悪いです。さらに周囲の受動喫煙者の口腔にも歯茎の色素沈着などが見られます。禁煙により重症化した歯周病が改善するケースも報告されています。この機会に禁煙を!