マイタウンホームドクター

祈り、そして希望

東の水平線から昇る神々しい朝日。ここがまさに神仏宿る極楽か、と思う神秘さに身震いしました。東北の無医村診療に携わった40年前の浄土ヶ浜での体験でした。そして今、この地が驚天動地の大震災を被るとは…。世界の人々が、信仰の違いを越え、死者の冥福を祈って下さる。物心両面からの全力のご援助は暗さからの恐…

備えよ、常に

もう数十年前になるでしょうか。厳冬のワシントン・ポトマック川で起きた旅客機墜落事故の際のことです。懸命な救出作業中のTV画面に最後の男女二人が映りました。その時、今にも沈みそうな男性がもう一人の女性に「早くロープにつかまれ」と合図し、彼は二度と上がってはきませんでした。とっさに判断した、まさに究極至高…

気になるあの人

いつもの出勤の朝のこと。いつもの電車を待っていました。いつものベンチで電車を待つ70歳過ぎの上品な女性がいませんでした。それが数日続くと何となく気になります。引っ越したのか、仕事を辞めたのか、体を悪くしたのだろうか。別に自分に何かが出来るわけではないのですが、想像し、心配もします。日々の診療でも同じで…

抱きしめる

最近、家族内の凄惨な事件が後を絶ちませんね。私は、社会の絆の破綻が一つの原因で、その綻びの責任は大人にあると思います。もう亡くなりましたが、田舎医者の叔父は、子どもの診察時には、最後に必ず膝に座らせて頭を撫ぜ、母親に「お子さんを一日一回は強く抱きしめてください。お子さんは必ずあなたに愛情を深く感じ、…

継承

今年の元旦も伊勢神宮に参拝しました。大晦日の名古屋は大雪。雪の神宮の静謐さを期待して近鉄特急に乗車。しかし長良川を渡ると雪はありませんでした。外宮から参拝を始め、猿田彦神宮を回り内宮へ。今年はいつになく人出が多い。式年遷宮まであと3年となり、宇治橋も昨年11月に新しく架け替えられたための賑わいのようです…

今日を切に生きよ

寝室にある一枚の色紙。「明日の事を思いわずらうな」湛山書とある。これは、早稲田夏目坂下の馴染みのすし屋の主人が古稀を期に引退する時譲り受けた石橋湛山直筆の書です (もちろんコピー)。“湛山”をご存知でない方も多いかと思われます。早稲田大学出身で戦前は戦争拡大を反対した硬骨の思想人、戦後は志半ばで病に倒れ…

神仏習合

9月末、遅い夏休みに妻と高野山と熊野三山へ。西から入り、まず高野山奥の院で空海上人に礼拝合掌。宿坊に泊まり朝のおつとめで般若心経を唱え、熊野古道に入り熊野本宮、速玉、那智の三大社を順に参拝、二礼二拍手一礼で神に祈りました。すぐ隣には青岸渡寺があり、今度はお数珠を手に合掌。次に滝つぼへ下りて御神体那智の…

隣組

報道は最近減っていますが、新型インフルエンザは深く静かに拡大していると思います。語感として「新型」とは何か目新しい、一寸興味をひかれるというような響きですが、英語では“NOVE L”となります。“異常な”とか“未知の”という意味のようです。怖いとか恐ろしいという感じを出すべきで、「異常型」とか「未知性」と…

禁煙の意義

昨年、ニュース23の筑紫キャスターがお亡くなりになりました。原因は肺ガンでした。生前、ご自身が語られた言葉で「自分はがんには罹らないという全く根拠のない思い込みをしていた」とおっしゃっていました。 「がん」はいつでも誰にでも忍び寄って来ます。特に肺がんの怖さは、その原因の第一が「たばこ」であり、喫煙者だ…

健康生活ー運動の効用

「健康生活」を得るためには運動・栄養・休養の3要素がバランスよく実践されていることです。しかしなかなか実践できないのが、運動です。つい億劫になってしまいがちですが、運動にはいくつもの効用があります。 循環・呼吸機能の亢進 骨格筋の増大 体脂肪の燃焼 動脈硬化の抑制 体内カルシウム代謝の改善によ…