マイタウンホームドクター

メタボリック症候群について その7:運動療法を始める前に

メタボリック症候群の状態から脱するためには生活習慣の改善が欠かせず、その中心となるのは運動療法と食事療法です。ただし、正しい方法で行わないと改善効果は認められず、また体の状態をきちんと評価しないで運動を始めてしまうと、かえって潜在している病気を悪化させてしまう結果になりかねません。 当健診センターでは…

メタボリック症候群について その5:高血圧症

血圧には収縮期血圧と拡張期血圧があり、それぞれ140mmHg、90mmHg以上の場合に高血圧症と診断します。高血圧症の原因は様々であり、遺伝的な影響や塩分の取りすぎ、運動不足などの生活習慣、ストレスなどを背景としておこる「本態性高血圧症」、血圧に関連するホルモンの異常、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などが原因とな…

メタボリック症候群について その4:脂質代謝異常

高脂血症=脂質代謝異常というと、これまでは、コレステロールを低下させることが動脈硬化予防の上で重要視されてきました。コレステロールの値というと、以前は「総コレステロール」を指すのが一般的でしたが、現在は、一般に悪玉コレステロールと呼ばれている「LDLコレステロール」の値について動脈硬化のリスクを判断する…

メタボリック症候群について その3:糖代謝異常

内臓肥満によるアディポカインのバランスの乱れ、その結果として生ずるインスリン抵抗性について、前回ご説明しました。今回はメタボリック症候群がさらに進行した状態で合併してくる生活習慣病の一つ、糖尿病について取り上げます。 メタボリック症候群では肝臓などでのインスリンの働きが低下し、食事から摂取された糖質を…