マイタウンホームドクター

ヘバーデン結節とは

今回も指の病気についてお話しします。示指(人差し指)から小指にかけて、第一関節(DIP関節)が赤く腫れたり、曲がったりして、痛みを伴う症状のことを「ヘバーデン結節」と言います。母指(親指)にも見られるこの症状は、変形性関節症のひとつです。 指が変形してくることから「関節リウマチ」と間違えられますが,手指…

爪の周りが腫れていたら

爪の周りが腫れたり、赤くなったりすることはありませんか。実は、何でもないようなこの症状も、放っておくと大変重くなるケースがあります。 これは「爪周囲炎」という症状で、爪の周囲に痛み、発赤、腫れがあり、進行すると膿がたまって黄色くなり、爪の下にたまります。“ずきずき”する痛みで眠れないこともあるようです…

親指の付け根が痛い時は

物をつまむ時や瓶のふたを開ける時、母指(親指)の付け根が痛むことはありませんか?母指に力を必要とする動作で痛みが出る場合は、症状が進行すると母指が開きにくくなり、CM関節といわれる母指の付け根の変形が、外見からもわかるようになります。これが「母指CM関節変形症」です。 原因は、母指の付け根の関節はよく動く…

半月板損傷とは

今年の大相撲初場所で、ある力士が「半月板損傷」により途中休場しました。膝痛の中でも40歳以下に多いのが、この怪我です。 半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型をした軟骨の板で、内側・外側それぞれにあり、クッションの役割をしています。 これが損傷することで、膝の曲げ伸ばしの時に痛み等を感じたりします。…

整形外科で診る痛風

朝起きた時、急に足の親指の付け根が赤く腫れて痛む時がありませんか。足関節や甲、アキレス腱のつけ根、膝、手関節にも同じ症状が出ていませんか?こうした関節炎は、“痛風の疑い”があるかもしれません。 痛風発作は、血液中の尿酸が上昇し (高尿酸血症・血液尿酸値が7.0mg/dl以上)、それが関節の中にたまると結晶となり…

肘の外側の痛みについて

普段は痛まないのに、物を掴んで持ち上げる時、肘の外側から前腕にかけて痛くなることはありませんか。これは上腕骨外側上顆炎、通称「テニス肘」と言われる症状です。中年以降のテニス愛好家に多く見られることから、この名前がついたとされています。実際はテニスをしない方でも、料理や家事で手首を返す際に痛めることも…

手と指の痛みについて

今回は、当院の外来でも多い指や手の痛みについてお話しします。痛みの原因は「ばね指」「ガングリオン」等の症状が多い傾向にあります。 ばね指とは、指の靭帯性腱鞘というトンネルの間に炎症が起きることです。「腱鞘炎」とも呼ばれ、進行するとばね指になります。指の使いすぎにより、腱鞘等が肥厚したりすることで通過障…

五十肩と肩こり

昔と違って、夏にクーラーを使う機会が多くなり、肩の痛みで受診される方が多いという印象があります。痛みの原因は、「五十肩 (肩関節周囲炎)」と「肩こり」等です。 五十肩はその名の通り、中年以降の方に多くみられ、症状は肩関節痛、肩関節の運動制限です。老化により、関節の周囲の組織に炎症が起きるためといわれてい…