マイタウンホームドクター

痛風③

   尿酸はプリン体と呼ばれる物質が分解されて出来た老廃物です。プリン体は細胞の情報を担うDNAやRNA、身体活動のエネルギー源となるATP、食品中の旨味成分に含まれ、細胞数が多く細胞分裂の盛んな組織ほど多くなります。つまり、①新陳代謝②運動によるエネルギー消費③食品からの取り込み、によってプリン体が…

痛風②

血液中の尿酸値が7.0mg/dl(現在は6.5mg/dlともいわれます)以上になると、尿酸の結晶が徐々に関節内に沈着してきます。これ(高尿酸血症)だけでは自覚症状は出ませんが、関節内の尿酸結晶が何らかの原因で剥がれ落ちると、白血球が異物と認識し剥がれた結晶を攻撃するため、激しい疼痛を伴う炎症が出現します。これが痛風…

痛風①

   痛風は、体内に溜った尿酸に対して白血球が攻撃することで発症します。古くは恐竜のティラノサウルスにも認められ、アレクサンダー大王、フビライ・ハン、レオナルド・ダ・ビンチ、ニュートン、ダーウィン等、歴史上の人物も苦しんできました。日本では明治以前に報告はなく、明治以降、特に1960年代になって急…

ムンプス難聴

ムンプス(おたふくかぜの原因となるウイルス)に合併する難聴は、ウイルスが血行性に内耳に感染して発症し、教科書的には15,000人に1人の稀な疾患と考えられてきました。しかし、臨床現場の耳鼻咽喉科医の統計では、およそ200~500人に1人の頻度と報告されています。特徴は、①耳下腺腫脹の4日前~18日以内に発症、②めまい…

冬の健康管理

冬に太りやすいのは何故でしょう。寒さに対して体温を維持するためにカロリーを使って基礎代謝を上げるので、本来は痩せるはずです。しかし、運動不足と血行不良による内臓機能の衰えで熱を産出できなくなるので、体が脂肪を貯めて熱が逃げないように働き、結果太りやすくなるのです。この時期は生活習慣病が悪化したり、心…

インフルエンザ

   10月からインフルエンザの予防接種が始まりました。今年もA型2種類(新型インフルエンザ及び香港型)、B型2種類(山形系統及びビクトリア系統)の4種混合ワクチンです。今年はインフルエンザの出現が9月初旬には報告され、散発的に学級閉鎖も出ています。都内では10月16日迄に患者報告数98人(定点当たり0.24人…

麻疹

台風の相次ぐ接近や気候変動が大きかったためか、呼吸器系の症状を訴えて来院される方が例年以上に目立ちます。乳幼児ではRSウイルスによる細気管支炎が急速に増加。一部地域でインフルエンザの小流行があるなど、風邪症状も目立ってきています。マスクや首の周りを冷やさないようにするなどの注意をしてください。さて、関…

肺炎

8月初旬から肺炎を発症する人が増えています。代表的なマイコプラズマ肺炎は、所見に乏しく血液検査でも白血球数や炎症反応が上昇しないことが多いので、診断上油断できません。迅速診断キットもありますが、感度と特異度が今一つなので、ゴホゴホするしつこい湿性咳漱と発熱が長引く場合は、肺炎の可能性を考えて胸部レン…

蚊媒介感染症

最近発熱が主な症状で来院される方が増えています。いわゆる「夏かぜ」(咽頭結膜熱、ヘルパンギーナ、手足口病)が流行してきていますが、他院でヘルパンギーナと診断されてきたお子さんでも特徴的な口内炎が認められないことも多く、ウイルスが同定できないケースも少なくありません。血液検査で細菌感染のパターンでなけ…

熱中症

熱中症とは、暑い環境下で生じる健康障害の総称です。人間の体は汗や皮膚温度の上昇によって体温を一定に保ちますが、そのバランスが崩れると症状が現れます。皮膚血管の拡張による低血圧や脳貧血(熱失神)、発汗後水だけ補給し血液中のナトリウム濃度が低下して筋肉が痙攣する(熱痙攣)、水分補給が追いつかないほど大量…