マイタウンホームドクター

手根管症候群について(6)

この病気で手術をする症状は、まず母指のつまみ力が低下してボタン掛けや箸使いが辛くなる場合で、母指の付け根の母指球筋の筋萎縮を伴うことがあります。筋力の低下が進むと手術をしてもなかなか改善しないことが多いので、この症状が手術するかのキーポイントです。しかし、痛みやシビレが強く保存療法で改善しない場合手…

手根管症候群について(5)

今回は薬や注射、装具療法等の話です。薬は、神経の回復に必要なビタミンB12が基本で、痛みがある時には消炎鎮痛剤を併せて処方することが多いです。手のむくみがある方には、むくみを減らす作用のある漢方薬を処方することもあります。 注射は、痛みやシビレが比較的強い方に行います。局所麻酔薬とステロイドホルモンを混…

手根管症候群について(4)

今回から治療法を話します。保存療法と手術療法があり、今回は保存療法です。 手根管症候群には、原因や誘因となる疾病がある場合があります。まずはこの疾病のコントロールが大切です。糖尿病や関節リウマチが落ち着くことで滑膜の炎症や増殖も落ち着き、手根管症候群も落ち着くことは日常診療でよく経験します。逆にコント…

手根管症候群について(3)

今回は、手根管症候群の原因・誘因についてです。原因となりそうな病気がない場合、突発性手根管症候群と言います。誘因は、妊娠・出産・更年期に伴うホルモン分泌の変化や、手首を掌(てのひら)側に曲げた状態での作業、指や手首を繰り返し何度も使ったり、手根管への直接的な圧迫等が考えられます。ピアニストに見られる…

手根管症候群について(2)

前回に続き、手根管症候群についてです。前回お話しした、母指から環指の中指側と母指の付け根の掌側に、しびれや知覚障害(触った感じが鈍い、ざらざら感がわからない等)が出たり、夜を中心にしびれの出ている部分に痛みが出たり (重く強い痛みのことが多く、手を振りたくなる、振ると痛みが楽になることも)、物をつまむこ…

手根管症候群について

手根管というのは、手のひらの手首側約1/3のほぼ中央約2〜2.5cm位の幅(手の大きさ等個人差有)の扁平な「管」です。手の甲側と両側は手根骨という骨で、手のひら側は横手根靭帯という靭帯で囲まれています。この手根管の中には指を屈曲させる腱が9本と、正中神経という幅が約4〜5cmの扁平な形の神経が通っています。この正…

手根管症候群について(5)

今回は薬や注射、装具療法等の話です。 薬は、神経の回復に必要なビタミンB12が基本で、痛みがある時には消炎鎮痛剤を併せて処方することが多いです。手のむくみがある方には、むくみを減らす作用のある漢方薬を処方することもあります。 注射は、痛みやシビレが比較的強い方に行います。局所麻酔薬とステロイドホルモンを混…

手根管症候群について(4)

今回から治療法を話します。保存療法と手術療法があり、今回は保存療法です。 手根管症候群には、原因や誘因となる疾病がある場合があります。まずはこの疾病のコントロールが大切です。糖尿病や関節リウマチが落ち着くことで滑膜の炎症や増殖も落ち着き、手根管症候群の症状も落ち着くことは日常診療でよく経験します。逆に…

手根管症候群について(3)

今回は、手根管症候群の原因・誘因についてです。原因となりそうな病気がない場合、突発性手根管症候群と言います。誘因は、妊娠・出産・更年期に伴うホルモン分泌の変化や、手首を掌側に曲げた状態での作業、指や手首の繰り返しての使用、手根管への直接的な圧迫等が考えられます。ピアニストに見られるものもこれに入りま…

手根管症候群について(2)

前回に続き、手根管症候群についてです。前回お話しした、母指から環指の中指側と母指の付け根の掌側に、しびれや知覚障害(触った感じが鈍い、ざらざら感がわからない等)が出たり、夜を中心にしびれの出ている部分に痛みが出たり (重く強い痛みのことが多く、手を振りたくなる、振ると痛みが楽になることも)、物をつまむこ…