マイタウンホームドクター

関根康宏

わんちゃんねこちゃんの痒みについて

クラーク動物病院 獣医師 関根康宏

暑くなるこの時期は、動物病院ではわんちゃん・ねこちゃんの体の痒み、皮膚の赤み・フケ・脱毛に関する相談が多く寄せられます。そこで今回は皮膚の痒みについてお話しさせていただきます。 痒みといっても原因はさまざまなものがあります。ノミ・ダニなどの外部寄生虫、カビ、細菌等による感染、またそれらの感染が原因でな…

田中計至

オールインワンで寄生虫予防

多摩クラーク動物病院 獣医師 田中計至

外が暖かくなり始めるこの時季、ノミやマダニの動きが活発になり、またフィラリアを媒介する蚊も活動し始めます。これまでノミ・マダニの駆除とフィラリアの予防には、それぞれ別々の薬を投薬しなければなりませんでした。新しく発売された薬では、これらの予防を1つの薬で行えるようになりました。これにより、薬の飲み忘れ…

田中尚人

ネコちゃんの尿道閉塞について

クラーク動物病院 獣医師 田中尚人

『クラーク動物病院』の獣医師の田中です。今回は冬場に多いネコちゃんの尿道閉塞についてお話しします。「尿道閉塞」とは結石をはじめとした異物がオシッコの通り道(尿道)に詰まってしまい、排尿がうまくできない病気です。特にオスの猫ちゃんは尿道が細いため発症が多いといわれています。症状としては、頻繁にトイレに…

関根康宏

人にも健康被害をもたらすマダニ・ノミ

クラーク動物病院 獣医師 関根康宏

マダニ、ノミは犬・猫の皮膚につく寄生虫で、貧血や皮膚炎などを引き起こします。またペットだけでなく、人も襲います。近年ダニを媒介し人に感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が問題となっています。人の死亡例が報告されるなど、その危害が心配されるため、ニュースでもよく取り上げられています。マダニ・ノミは…

田中計至

犬の子宮蓄膿症について

多摩クラーク動物病院 獣医師 田中計至

発情期の後で外陰部が腫れ,おりものが長い間出ている、またそれに伴って飲む水の量が多く、おしっこの量が多い、元気・食欲が低下してきたといった症状が認められる時は、子宮蓄膿症が疑われます。子宮蓄膿症は高齢の雌犬で多く発症し、前述の症状に気づくまで時間を要するので、症状が進行した状態で来院するケースが多く…

町田誠一郎

ペットのお口、大丈夫ですか?

クラーク動物病院 獣医師 町田誠一郎

ワンちゃん、ネコちゃんで歯石の付着や口内炎があっても、ごはんを食べているからと、そのままにしてはいませんか? 人間であれば、口が臭い、歯が痛い、冷たい飲み物がしみるなどの症状が出たら、歯医者にかかると思います。ワンちゃんやネコちゃんでは、これらの症状では食欲の低下を招くことはほとんどありません。そのた…

田中計至

猫の上部気道感染症

多摩クラーク動物病院 獣医師 田中計至

猫の上部気道感染症は、ウイルス、細菌、クラミジアなどの病原体によって、ヒトの風邪のように鼻水やくしゃみといった症状を引き起こします。病原体として代表的なものに、猫ヘルペスウイルスと猫カリシウイルスがあり、これらは容易に感染し、かつ症状が消えても猫がウイルスを保有し排泄し続け、猫の健康管理においては非…

関根康宏

当院の取組をお話しします

クラーク動物病院 獣医師 関根康宏

近年、ペットは「コンパニオンアニマル(伴侶動物)」とも呼ばれ、家族同様の存在となっています。ペットの平均寿命も年々延び、ペットの高齢化を背景に病気も多様化し、飼い主様のペットに対する健康維持・管理意識の高まりなどから、高度医療を望む声も高まってきている現状があります。 当院では、地域密着型のいわゆる1次…

田中計至

眼が白っぽくなってきたら…?

多摩クラーク動物病院 獣医師 田中計至

今回は眼のお話です。お年寄りのわんちゃんの眼が白くなってきた⇒白内障だと思いがちですが、かならずしもそうとは限りません。加齢による変化でもう一つ、「核硬化症」というものがあります。これは白内障と違い、基本的に視力に影響がありませんので、治療の必要はありません。 一方、白内障は原因や進行度合いも様々…

堤谷千尋

ハムスターの腫瘍

クラーク動物病院 獣医師 堤谷千尋

今回は、ハムスターの体にできるしこりについてお話しします。ハムスターはその愛らしさ、飼い易さから大変人気のあるペットですが、実はとても腫瘍ができやすい動物です。皮膚など体の表面にできることが多く、発見は比較的簡単ですが、短期間で急激に大きくなることもあり注意が必要です。ハムスターは痛みの感覚が鈍いた…