マイタウンホームドクター

工藤浩也

頻尿について

ふれあい町田ホスピタル  工藤浩也

泌尿器科では多くの患者さんが頻尿で受診されます。頻尿の原因には、尿路感染症、前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、尿路悪性腫瘍、尿路結石症など様々あり、鑑別して治療しなければ改善はできません。 当院では尿一般検査、残尿測定、尿流測定検査、排尿日誌、超音波断層法、CT、MRIなどにより診断を確定してから治…

西 智弘

尿管結石について

ふれあい町田ホスピタル 腎・泌尿器外科医師 西 智弘

尿管結石の原因は、高カロリー、高脂肪、高タンパク質の食事摂取によるものの他に、尿路感染症や薬剤 (ステロイド等)、代謝障害 (高尿酸血症、高Ca血症) 等が挙げられます。最近は食生活の欧米化で、尿管結石の患者さんが増加傾向にあります。 結石は尿の通り道にできますが、それが小さければ無症状に経過し、尿中に石が排…

西 智弘

血尿について

ふれあい町田ホスピタル 腎・泌尿器外科医師 西 智弘

泌尿器科外来には、血尿、頻尿、乏尿、尿失禁、排尿痛、背部痛等様々な病状の方が来院します。今回は血尿についてです。血尿の原因は様々。激しい運動や過度のストレスの他に、膀胱炎等の炎症性疾患から膀胱腫瘍・腎腫瘍等、泌尿器科領域における悪性腫瘍や尿路結石・尿路奇形等の様々な要因が考えられます。この内、外来の…

伊藤貴章

頻尿について ─頻尿の原因─

南大沢メディカルプラザ 泌尿器科 伊藤貴章

1)過活動膀胱 頻尿の原因として最近話題なのは、「過活動膀胱」といわれるものです。高齢男性の場合は、前立腺肥大症に伴うものが最も多いようです。女性の場合は、骨盤底筋が年齢とともに弱くなることが原因であったりしますが、多くは原因が特定できません。症状としては、昼間の頻尿 (8回以上)、夜間頻尿(1回以上)の…

中澤龍斗

尿のトラブル〜腹圧性尿失禁(2)

ふれあい町田ホスピタル 泌尿器科医師 中澤龍斗

今回は尿モレを軽減する体操や治療法についてお話しします。腹圧性失禁症で軽症の場合は「抗コリン薬」の服用がよく用いられます。即効性はありませんが、同時に骨盤底筋を鍛える「骨盤底筋体操」も行うとよいでしょう。 骨盤底筋体操 仰向けになり、両足を肩幅に開いて両ひざを軽く立てる。 尿道・肛門・膣をき…

中澤龍斗

尿のトラブル〜腹圧性尿失禁(1)

ふれあい町田ホスピタル 泌尿器科医師 中澤龍斗

今回は、女性の多くが悩んでいる尿のトラブルについてお話しします。 咳やくしゃみをした時、スポーツ時、重いものを持ち上げた時などに“尿もれ”のトラブルで悩んでいる方が多いと思います。これは、尿道などを支えている骨盤底筋などの働きが弱くなって尿道をうまく締められなくなり、尿もれを起こす病気です。…

中澤龍斗

尿路結石について(2)

ふれあい町田ホスピタル 泌尿器科医師 中澤龍斗

前回は尿路結石の治療法などについてお話ししましたが、今回は原因についてです。 結石の原因は、食事と脱水が主因です。結石はシュウ酸によって出来ることが多く、例えば、ホウレンソウなど渋みのある野菜やピーナッツ、チョコレートなどが挙げられます。飲み物でいうと紅茶もそうです。 患者様は、しばしば、「ビールを飲…

中澤龍斗

尿路結石について(1)

ふれあい町田ホスピタル 泌尿器科医師 中澤龍斗

今回は「尿路結石」についてお話しします。この疾患は、男女問わず、高齢者よりも若い方に増えてきています。 一番多い症状は、腎臓から尿管に石ができる上部尿路結石です。原因は食事と脱水症状が考えられます。発症する時期も脱水症状が原因となるため、夏場に増えます。 尿路結石は血尿や腎臓周辺の痛みなどの症状があり…

伊藤貴章

頻尿の原因について

南大沢メディカルプラザ 泌尿器科 伊藤貴章

1. 過活動膀胱 頻尿の原因として最近話題なのは、過活動膀胱といわれるものです。高齢男性の場合は、前立腺肥大症に伴うものが最も多いようです。一方、女性の場合は、骨盤底筋が年齢と共に弱くなることが原因であったりしますが、多くは原因が特定できません。症状としては昼間の頻尿(8回以上)、夜間頻尿(1回以上)の他に、…

中澤龍斗

前立腺がんについて

ふれあい町田ホスピタル 泌尿器科医師 中澤龍斗

11月4日号本紙にて、「前立腺肥大症」についての話をしました。その前立腺肥大症と同じように、50歳以上の男性がかかる頻度の高い病気が、「前立腺がん」です。 前立腺の病気は、血液検査であるPSA(前立腺等位抗源)検査を行うことで診断することができます。この検査で数値が正常値の4以上あり、年齢が50歳以上の方は、2次…