logo 【もしもしweb】

Home / 小村洋の「独自の授業スタイルを大切にして生徒数が3,5倍に!

Home / ニュース
Date: Sep 30, 2020
Author: 編集部 351 コメントはまだありません

小村洋の「独自の授業スタイルを大切にして生徒数が3,5倍に!
著書の出版と塾経営手法のビジネス化にも着手」

多磨高等予備校・代表 小村洋
×
ドラディション・プロレスリング 藤波辰爾

 

藤波「以前の対談では、「若者の過疎地」や「限界ニュータウン」と言われ少子・高齢化が進む多摩市内で、小村代表たちが創意工夫を重ねながら熱心に受験生を指導して志望大学合格に導き生徒数を着実に伸ばしている、というお話を聞かせていただきました」
小村「『多磨高等予備校』ではビデオやマイクを用いた授業は一切行わず、少人数制でひとり一人に目が行き届く授業を行っています。若者人口が急減している多摩市ですが、生徒数は開校時の3.5倍に増加しました。今年は、200名弱の高校生・浪人生が通ってくれています。
また、私たちは、受験合格による①生徒の幸せ②そのご家族の幸せ③私たち教職員の幸せ④その家族の幸せという4つの幸せに加え、⑤それらの幸せを通じて社会の幸せに貢献するーーこの『幸せ五則』を理念に掲げ、日々の仕事に邁進しています」
藤波「小村代表は2015年2月に「大学合格」をテーマにご著書を出版されました」
小村「はい。当校独自のぶれない受験指導の姿を広く知っていただこうと、『大学合格10の法則(上)』を出版しました。また授業の進め方や経営手法をマニュアルとしてまとめ、生徒募集に悩む全国の学習塾経営者に紹介する塾のコンサルティングビジネスも考えています」

「不合格の法則」vs「合格の法則」
小村洋著
アイシーアイ出版 税別1,000円

 

藤波「ところで、安定経営の一番の理由は何でしょうか」
小村「私自身世の中には時代の流れにそって『変わってよいもの』と『変わってはいけないもの』があると考えています。大学受験指導のあるべき姿は、後者に属します。
当校は、いたずらに生徒に迎合することなく、『映像なし、マイクなし、真剣勝負の少人数授業』の基本姿勢を大切にしています。『このスタイルでよければ入学してください』とぶれない姿勢で生徒を迎えているわけです。そうして、受験指導のスタイルを確立した以上、何があってもそのスタイルを守る覚悟で邁進する努力を、この地域の皆様から評価して頂いたのではないかと思っています」
藤波「新年を持ち、真っ正面から生徒さんと向き合ったのですね」
小村「はい。プロレスでいえば正攻法です。私自身、子どもの頃からプロレスが大好きで、藤波さんのご活躍には喝采を送り、憧れたものです。藤波さんはどんな場面でも真っ向勝負で戦われます。リングの上で『ストロングスタイル』を当然のように披露しておられました。
レスリングと予備校経営は全く分野が異なりますが、正攻法を原点に進めば人に『譲れない何か』を伝えられると信じます。つまり、両者には明らかな共通点があると思うのです」
藤波「プロレスも集客数などで苦労してはいます。しかし、お客様の掌で転がされるような、周囲に迎合した試合ではなく、レスラーの掌で観客に楽しんでもらえるようなレスリングーーーつまり、原点のしっかりしたものを目指すべきですね、
小村代表の『時代に流されてはいけないものがある』という言葉から、このことを痛感した次第です」
小村「人の心を動かすのは、変わらないもの、普遍的な理念ではないでしょうか。大人が確固たる理念を持って接すれば、子どもたちは決して脇道へ逸れたりしないと思います。
藤波さんにも2人のお子さんがおられますが、正攻法で闘うお父様をご覧になり、きっと伸びやかに成長されたことでしょう」
藤波「娘と息子がおりますが、少し甘やかし過ぎたのかなと思いますね(笑)。特に娘には『こうすれば…』と答えを先に用意してしまうことがよくあり、これが自立にマイナスだったのではないかと」
小村「いえ、ご両親を手本にご自身の進路を見つけておられると思いますよ。私たちも生徒たちが受験という大きな節目を経験しながら人生の航海図を描いてくれれば、こんなに嬉しいことはありません。
社会全体から見れば、受験で志望校に合格できた喜びは一個人のささやかなものかもしれません。しかし、一人ひとりのささやかな幸せが組み合わさって社会の幸せが成り立ちうるのだと思います」
藤波「多くの受験生のため、これからもご尽力ください」

■この冬から始める高2のための(高1も可)1月「無料体験授業
※①~⑧すべて各1回受講可能 要予約・ご希望日の前々日までに
①高2パターン受験数学(水島) 1/13(月)(祝)・20(月) PM8時40分~10時
②高2アクセス英文法 (甲田) 1/14(火)・21(火) PM7時10分~8時30分
③高2マルチ現代文読解(長島) 1/14(火)・21(火) PM8時40分~10時
④高2推薦入試対策特講(倉田) 1/15(水)・22(水) PM8時40分~10時
⑤高2スコアUP総合英語(氷嶋) 1/16(木)・23(木) PM8時40分~10時
⑥高2システム英文解釈(安藤) 1/10(金)・24(金) PM7時10分~8時30分
⑦高2ミニマム古典文法(小村) 1/11(土)・25(土) PM8時40分~10時
⑧高2スタート受験数学(高橋) 1/12(日)・26(日) PM8時40分~10時
★申し込み・問い合わせは フリーコール 0120-964-873(苦労よ 花咲け)

室長:高橋 穂乃香
無料体験授業は
「高2スタート受験数学」

 

■この冬、予備校をご検討中の高校生・保護者の皆様のための
1月「(土)(日)予備校選び個別相談」に参加しませんか?
無料・要予約
1/11(土)・12(日)・25(土)・26(日)PM1時~7時(各50分)
★申し込み・問い合わせは
フリーコール 0120-964-873(苦労よ 花咲け)

あなたのご相談に
親身にお応えします

 

■現高2生のための(高1生も可) 2020新年度「開講説明会」 要予約・15名様
※保護者様のご参加だけでもOK ※説明会終了後、個別相談もできます
1/12(日)・19(日)・26(日)
午前の部:11時~12時  午後の部:3時~4時
★申し込み・問い合わせは フリーコール 0120-964-873(苦労よ 花咲け)

「新年度開講説明会」
氷嶋哲也講師
無料公開授業は
「高2スコアUP総合英語」

 

 

大学受験 多磨高等予備校
映像なし・マイクなし・真剣勝負の少人数授業

住所:多摩市愛宕4-17-11クレスト多摩センター2F
多摩センター郵便局の2F
フリーコール:0120-964-873(苦労よ 花咲け)
電話受付:AM9時~PM10時 365日全て無休
アクセス:多摩センター駅東口改札から徒歩4分
ホームページ:https://tama-yobi.com