logo 【もしもしweb】

間欠性(かんけつせい)外斜視の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Jul 10, 2020
Author: 編集部 318 コメントはまだありません

間欠性外斜視は、外斜視の時と正常な時の2つの状態を併せ持っています。外斜視は遠くを見るときに起きると眼が外側にずれるので見かけ上問題となり、近くを見るときに起きると内よせが困難になるので読書がしづらくなります。小児では複視(2つに見える)を訴えることは少なく、ずれた目の情報を脳から消去してしまいます。これを抑制といい、両眼で見る立体感覚などの視機能が低下する可能性があります。外斜視の治療方法には視能訓練、プリズム眼鏡、斜視手術があります。偏位量が大きい場合は斜視手術が、偏位量が小さい場合は、プリズムという光学的療法などが行われる場合があります。斜視手術では、もどり(術後に再び外斜視となる)が出現する場合がしばしばみられるため、手術時期を含め慎重に検討します。目の向きが心配でしたら、眼科医にご相談ください。