logo 【もしもしweb】

Home / アレルギー性結膜疾患の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Sep 29, 2020
Author: 編集部 240 コメントはまだありません

アレルギー性結膜疾患のなかでも花粉症、春先に生じるスギ花粉症は、毎年非常に多数の方が発症します。アレルギー性結膜疾患の患者さんの約85%は、花粉性アレルギー性結膜炎と推定されています。医師によって「アレルギー性結膜炎」と診断されたことのある方は約15%もいることが報告されており、我が国では約2,000万人のアレルギー性結膜炎の患者さんがおり、その大半は花粉症によるものと推測されます。日本気象協会の発表によると2020年は例年よりやや少ない飛散量と予測されておりますが注意が必要です。アレルギー性結膜疾患の治療は薬物治療が中心で、第一選択は抗アレルギー薬であり、重症度によりステロイド点眼薬などを考慮します。ここ最近アレルギーの迅速診断キットも開発されており、新しいタイプの点眼薬も開発されています。お気軽にご相談ください。