logo 【もしもしweb】

Home / 令和2年度・推薦入試で、 国立・都立第一志望校合格へ!

Home / ニュース
Date: Sep 30, 2020
Author: 編集部 344 コメントはまだありません

 

令和2年度の国立・都立高校推薦入試・一般入試、大学入試合格の喜びを一部ご紹介致します。

AIU国際教養大学 国際教養学部 合格!
横田知佳さん(カリタス女子高卒)

私は、高校3年生と浪人の間の2年間、学而会にお世話になりました。
私の考える学而会の良いところは、丁寧な指導です。私は、国語の小論文が特に苦手でした。しかし、国語の桑沢先生に何度も個別指導していただき、小論文や長文記述を課す大学に合格することができました。また、英語に関して言えば私の志望大学では、300字の英作文が課せられますが、初めは文法もままならず、ミスも多い文章しか書けませんでした。ですが、英語の森岡先生に英作文の基礎から丁寧に指導していただき、英作文を武器にすることができました。
学而会の良いところのもう一つは、センターが終わった後も授業をしていただけることです。普通の塾の多くは、センター試験が終わったら授業が終了します。しかし、学而会では入試の前日まで個別対応していただけます。私も、試験前日に指導していただき、安心して試験に臨むことができました。また、試験の前日に不安になっている私に先生方が激励の言葉をかけてくださり、精神面でもサポートしていただきました。
最後に、私が第一志望校に合格出来たのは、学而会の先生方に、丁寧な指導をしていただけたからです。本当にありがとうございました。

 

◆国立東京工業高等専門学校合格!
永谷凛太郎君(聖ヶ丘中学校)

 私が学而会に通い始めたのは中学校3年生に進級するときでした。入塾することを決めた理由は、私の志望校「東京高専」の合格者を毎年出していて、実際に私の友達も学而会で東京高専に合格しているからです。
 私が1年間学而会に通い、気づいた良さは3つあります。
 1つ目は、先生たちの面倒見の良さです。
私が英検準二級を受けることを決めた時の話です。英語の森岡先生が授業の終了後、夜遅くまで練習を手伝ってくれました。筆記テストやリスニングテストのポイントを教えてくださりました。また、スピーキングテストの練習では、先生が監督官になってくださり、実際の試験に近い練習をすることができました。おかげで、私は1回の挑戦で英検に合格することができました。

2つ目は、学而会の設備の良さです。
学而会には永山本校と多摩センター校の2つで授業を行いますが、そのほかにも「自習棟」という教室があります。この自習棟では個人個人が好きな時間に、好きなだけ勉強でます。空調設備が整っており一部屋も小さいので、集中して勉強できるようになっています。私は受験対策だけではなく、定期テスト対策の自習にも使いました。家でやるより効率よく、集中して勉強をすることができました。
3つ目は、生徒の真剣さです。
学而会に通っている生徒は、立川高校、八王子東高校といった難関校を受ける生徒が多いです。そのおかげで、教室全体が一所懸命に勉強する!という雰囲気に常に包まれています。なので、ほかの生徒たちもそれにつられて、教室で一丸となり、勉強していけます。
この上に書いたこと以外にも学而会の良いところはいっぱいあります。自分の志望校より少し高いレベルの問題を先生が用意してくれるので、志望校の問題を解きやすくなるなど、ここにすべて書いていたら紙面いっぱいになってしまいます。
私は最初、第一志望校「東京高専」の一般試験で合格できる学力を身に着けたいと思い入塾しました。ところが、学而会で学んでいるうちに、一般試験に必要な学力だけでなく推薦を余裕をもって受けれるほどの成績・学力を身に着けることができ、推薦で合格することができました。学而会を私がお勧めする生徒は「難関校を受けたい」「定期テストの点数を上げたい」といった向上心ある人たちです。必ずここ「学而会」ではその向上心に答え、先生たちが学力を伸ばす力になってくれると思います。

 

◆都立西高等学校合格!
髙橋知君(多摩永山中学校)

僕は小学6年生の時から英語を、中学1年生から国語と数学をとり始めました。英語は小学生のうちに学而会で基礎の文法をしっかり教わったたことで中学校の英語の学習をスムーズに始められ、その後も得意科目とすることができました。どの教科も、塾でとても丁寧に教えてくれたので学校の授業についていけなくなることはありませんでした。また、学校と塾の2つの教え方を聞くことは理解を深めることにもつながりました。さらに定期テスト前は理社も含めた5教科の対策をしてくれるため、高得点を維持することができました。
 それぞれの授業で僕がしっかり内容を理解できたのは、面白い授業と、先生と生徒との距離が近いことが理由です。学而会の個性的な先生方は面白い授業をしてくれました。そのため小学6年生の頃から飽きずに授業を受けることができました。また少人数の授業が多く、わからず困っている時は気づいてくれ、先に進んでしまわずより丁寧に解説してくれました。
3年生になると中学の内容の学習が終わり受験勉強へと変わっていきます。夏季講習からは学而会の持つ膨大な量の過去問をどんどん解いていきます。また数学では解き直しも行うためできなかった問題ができるようになっていきました。さらに授業で使われる過去問のほかに自分の志望校の問題を自己演習として解くことができ、約15年以上前のものからあるのでしっかり対策になりました。またそれでわからないところは先生方がしっかり説明してくれました。
僕が推薦を受けようと思ったのも学而会で勇気がついたからです。僕は文章を書いたり話すのが苦手でしたが、桑沢先生の推薦対策授業はとても役に立ち作文も丁寧に採点をしてくれました。受験だけでなくこれからの人生に役に立つようなスキルも身に付いたように感じました。
学而会の魅力はとても多く、聞いた質問に丁寧に答えてくれたり、生徒の様子を見ながら進めていく授業などが挙げられますが、本当の魅力はそれらに底流している家族のような暖かさだと思います。学而会の小さな職員室には、いつも受験生や先生方で賑わっています。みんなで受験に向かっていることを感じさせ自然と塾に行くことが苦でなくなっていきました。先生方に合格したことを伝えた時に先生方が浮かべた自然な笑顔が学而会の暖かさを証明していると思いました。

【一般入試合格】

中央大学附属高等学校合格!
堀部優成君(稲城第六中学校)

僕が小学6年生から中3までの約4年間、学而会を通い続けた理由は、ここで頑張れば自分の望んだ進路にいくことができると思ったからです。その理由は、大手の塾とは違って、個性豊かな先生方の熱い指導と一人一人に合わせた授業内容が可能だったからです。
 また、小学6年生から英語の授業を取ることで、英語に興味が沸き、英検2級1次までストレートで合格することができました。英検は、忙しい部活の中でも塾で受けることができ、鈴田先生の2次面接対策や森岡先生の授業後のレクチャーなどのお陰だと感謝しています。この英検合格のおかげもあり、入試英語 特にリスニングなどに活かすことができたと思います。
 さらに学而会の推薦対策は、桑沢先生による小論文対策で、この頃は、模擬テストや高校説明会などの予定がたくさんある中、個別に対応してくださり、また、志望校の過去問はもちろんのこと、私立の志望校より難関校の過去問や、都立の自校作問題を桑沢先生の見立てで挑戦していくことで、志望校の問題が、気が付いたら楽にできるように力が付いていたように思います。このことは、志望校合格のための道筋となったと思います。
 数学は、苦手な教科でしたが、毎日塾に通い分からないことがあれば、伊藤先生と遠藤先生が、いつだって熱心に丁寧な指導をしてくれました。入試当日は数学が一番解けたように思います。
 僕は、中2で決めた第一志望校に受かることができたのは、学而会で最後まであきらめずにがんばることができたからだと思います。他にはない個性のある先生方に感謝しています。
 一緒の中学校でない友達ができたのも学而会ならではのように思います。みんなの志望校の過去問をみんなで解いていると一緒に戦っているように思わせてくれ、受験を楽しく乗り切ることができたように思います。
 学而会に4年間通わせてくれた両親にも感謝しています。そして合格を伝えた時に桑沢先生が、こちらこそありがとうと言ってくれたこと、僕は忘れないと思います。

 

【入塾説明会・体験模擬授業】
2/29(土)・3/8(日)

※詳細は電話でご確認の上、お申込みください。

【新学期開講】3/2(月)

【春期講習】3/26(木)~4/3(金)

 

合格実績はコチラ

 

難関校突破進学教室
学而会
042-372-6818

【永山本校】
[受付]15:00〜22:00
[高卒生]9:00〜
[休]日曜、祝日
[住所]多摩市諏訪3-14-10ホワイトハウス2F

【多摩センター校】
[受付]16:00〜22:00
[休]日曜、祝日
[住所]多摩市落合1-15-2多摩センタートーセイビル5F
(多摩センター駅徒歩5分)

HPはコチラ