logo 【もしもしweb】

Home / 加齢黄斑変性の最前線

Home / ドクターコラム
Date: May 26, 2020
Author: 編集部 79 コメントはまだありません

「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」は、加齢により網膜中心部である黄斑部に障害が生じ、中心部分が見えにくくなる病気です。この病気は、最近、診断や治療が進歩したこともあり、注目されつつあります。欧米では成人の失明原因の第1位で、珍しくない病気です。一方、これまで日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により、近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%に見受けられ、高齢になるほど多くみられます。
ここ最近、光干渉断層計(OCT)という最新の画像診断装置の開発や抗VEGF薬といった新しい薬物治療が導入されるようになり、診断、治療が進歩してきました。その結果、多くの患者さんで視力の維持や改善が得られるようになってきました。お気軽にご相談ください。