logo 【もしもしweb】

Home / 網膜静脈閉塞症の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Oct 1, 2020
Author: 編集部 194 コメントはまだありません

「網膜静脈閉塞(へいそく)症」とは、網膜の静脈が閉塞する(血管が詰まって血液が流れなくなる)病気です。血圧が高くて眼底出血があるといわれたとなれば、この病気を念頭に考えます。急激な視力低下、突然の視野障害が代表的な症状です。原因は高血圧が最も多く、高血圧により網膜の血管が弱って発症します。検査は病変の範囲、血管閉塞の程度を知るために眼底検査の他に蛍光眼底造影検査や、黄斑のむくみの程度を観察するために光干渉断層計による検査を行います。治療は、病気の範囲が狭い場合は経過観察する場合もありますが、レーザー治療や黄斑のむくみの治療のために硝子体内注射、手術(硝子体手術)など行う場合があります。この病気は血圧などの全身的な治療も必要となります。
ご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。