logo 【もしもしweb】

Home / ドライアイの最前線

Home / ドクターコラム
Date: Sep 29, 2020
Author: 編集部 203 コメントはまだありません

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態を「ドライアイ」と呼びます。現在、日本では約800万~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告もあり、年々増加傾向にあります。涙は、油層、水層、ムチン層という成分から成り立っており、それぞれバランスを保つことで涙の安定性を保っております。ドライアイの患者は、この涙の状態が不安定になり、涙が蒸発しやすくなったり、眼表面に傷がつきやすくなります。長時間のVDT作業や運転では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。治療はまず長時間のパソコン作業等悪化要因の除去、点眼薬、涙点プラグ等があります。お気軽にご相談ください。