logo 【もしもしweb】

散歩は、歩くための靴で!

Home / ニュース
Date: Aug 4, 2020
Author: 編集部 204 コメントはまだありません

体のために散歩しているのに、
足に合っていない靴だと
逆に体調を崩してしまうことに…。

新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、不要不急の外出自粛が求められています。
そんな中でも、適度な運動は必要ですし、ずっと閉じこもっていることによるストレス発散も大切。
ということで、マスクを着けて、適度な間隔をあけて、散歩をしている方の姿を多く見受けます。
爽やかな5月の風に包まれての青空の下での散歩は、塞ぎがちな気分も盛り上げてくれるのでおすすめです。

でも、あなたのその靴、大丈夫ですか?
歩ける靴ですか?

足に合っていない靴を無理して履いて歩き続けると、足が痛くなるだけでなく、
腰痛、肩こり、頭痛等々、体の不調も招きかねないのをご存知ですか?
心身にいいはずの散歩が、逆に辛さの原因になるかも…。

靴のあれこれで悩んでいるなら、ぜひ一度『9ga』をのぞいてみてください。
あなたの足のこと、靴のこと、無料で相談にお答えします。
試し履きももちろん無料。
無理なおすすめも一切しません。

現在、電話予約制にしているので、安心してご来店いただけます。


上の写真は、シンプルでミニマムなデザインのアッパーに、スニーカーに使用される超軽量底を組み合わせた
ハイブリットなおしゃれウォーキングシューズです。
従来、靴の重さを軽くしようとすると、材料を薄くしたり、使うべき材料を抜いてしまったり、と、本来は靴に無くてはならない歩行時の安定を保つ強度と耐久力を著しく犠牲にしてきました。
しかしこの靴は、アッパーにイギリス製の牛革、裏革に透湿性に優れたシープスキン、そして表と裏の革の間に
伸び止めと言われる生地を貼り、爪先と踵に芯を入れ、長期間履いても型崩れしにくい構造にすることで、歩行の安定性を保ちます。
また、靴底も、軽量だからと言って摩耗が早いなどということはなく、歩くときの左右の体の揺れもしっかりと支えながらショックを吸収する異なった二つの材料でできています。
完全に「歩くこと」だけに特化しているわけではないですが、見た目の印象よりはるかに歩くことに向いている靴です。
ぜひ、手に取ってご覧ください。履いてみてください。

 

永山駅すぐ。
日医大多摩永山病院B棟横の立体駐車場隣のビル2F。
1Fの看板が目印です。


ビルに入ると目の前に階段。
そのまま上ってください。
扉が見えますよ。

シューフィッターの靴屋『9gafootwear』
東京都多摩市永山1-8-17 ボヌール永山2F
042-319-6686
[営業]11:00〜18:00
[定休]水曜日
https://mosimosi.biz/places/9ga