logo 【もしもしweb】

Home / 麦粒腫(ものもらい)の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Jul 9, 2020
Author: 編集部 74 コメントはまだありません

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とはいわゆる「ものもらい」と呼ばれる病気で、まぶたにある脂や汗を出す管に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症です。地域によっては「めばちこ」、「めいぼ」などともいわれますが、医学的には「麦粒腫」といいます。原因菌の多くは黄色ブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌は、化膿した傷に存在することが多いのですが、健康な人の喉や鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。まつげの毛根に感染して発症した場合は外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。麦粒腫の症状ですが、初めはまぶたに局所的な赤みが出現し、しばしば軽度の痛みや痒みを伴います。数日で皮下に膿が現れ、放置すると皮膚が破れて膿が出ます。膿が出ると治ることが多いです。治療は抗生物質の点眼や内服で、化膿が進んだ場合は切開して膿を出すこともあります。