logo 【もしもしweb】

Home / いざという時のために「オンライン事前相談」スタート

Home / ニュース
Date: Sep 23, 2020
Author: 編集部 119 コメントはまだありません

いざという時のために、「オンライン事前相談」スタート

外出を自粛している方
外出が難しい方
時間を効率的に使いたい方
のご要望にお応えし、ご自宅にいながら、パソコンやスマートフォンを使って葬儀についてご相談いただける「オンライン事前相談」を開始いたしました。パソコンまたはスマートフォンに資料をご提示しながら、ご説明させていただきます。(wi-fi接続でのご利用をお勧めします)

事前相談では、亡くなってから葬儀までの流れのご説明、一般的な葬儀の形式や費用、お客様の理想の葬儀を伺わせていただきながら、どういったお式ができるかご相談させていただきます。
自分の葬儀が行われるのは人生で一度きりです。また親族の葬儀の喪主を務めるという経験も基本的にあまりあるものではないため、葬儀のあれこれわからないこと、事前相談で何でもご質問いただければと思います。

また、当社では葬儀の内容を決めたらセット(パックと呼ぶ会社もあります)でご提案するのではなく、お供えするお花の色合いを選んでいただくこともできます。いざ葬儀になった時に、遺族は故人の理想の葬儀を知っておくことで、葬儀での意思決定の負担が減り、頭を悩ませることなく故人が喜ぶ葬儀の準備を進めることができます。
また、前もってプランが決まっていると、費用面でもいくら準備が必要なのかを知ることができるので、費用のトラブルも防ぐことができます。遺族に負担にならないようにするためにも、前もっていくらくらいの費用が必要なのか把握しておくことも大事です。
まずはお電話にてご予約ください。☎0120-56-1294

———————————————————–

「新盆」は通常のお盆よりも丁寧に準備を
まちの相談役として何でもご相談ください。

もうすぐお盆の季節。お盆は7月もしくは8月にご先祖様をあの世からお迎えし、家族と一緒に過ごし、またあの世に送り出す日本の行事です。若い世代ではお盆の迎え方がわからない人も多く、当社では自社でお葬儀のお手伝いをさせていただいた皆様に、新盆を中心に、その理解や準備のお手伝いをしております。
地域によってお迎え方が違いますが、一般的には盆棚、提灯、お花、お供物を飾る等の準備をし、ナスとキュウリを牛馬に見立て、ご先祖様の乗り物として飾ったりもします。新盆は故人様の霊が四十九日の後、初めて家に帰るので、通常のお盆よりも丁寧にお迎えします。
最近では提灯や祭壇など、スペースを取らないものや簡単に収納できるものも増えてきています。ご要望や住宅事情に合った商品をご提案させていただきます。また、当社でも展示・販売・組立て等承っているので、気軽にご相談ください。
地域に密着したまちの相談役として、何でも聞いていただければ嬉しいです。

創業明治24
有限会社町田商店 メモアールまちだ
フリーダイヤル 0120-56-1294

八王子市天神町14P]有
24時間・年中無休
HPmachida-syoten.co.jp