logo 【もしもしweb】

Home / 虫歯があっても宇宙飛行士になれるの?

Home / ドクターコラム
Date: Sep 29, 2020
Author: 編集部 204 コメントはまだありません

「フライト前にちゃんと治療すれば大丈夫です」と、JAXAの医師が言っています。虫歯があっても治療してあれば問題はなく、歯に詰め物があっても大丈夫です。宇宙飛行士は、打上げの前に、外れそうになっている詰め物はないか、飛行中に悪化しそうな歯はないか、歯科医師に検診を受けます。宇宙飛行士は、減圧環境で作業を繰り返すので、もし虫歯や不十分な治療の歯があると、ひどい歯痛が起こる可能性が高くなります。日本人初の宇宙飛行士である毛利衛さんは「95年の選抜では親不知と虫歯の治療をしないまま臨んだため、不合格通知の紙にはしっかりと『歯科治療の必要を認める』とあった」と話されています。虫歯予防は誰にとっても大切なことです。将来、宇宙飛行士を目指すかは別として、常にケアをして、虫歯をつくらないように「予防」していきましょう。