logo 【もしもしweb】

「靴」のこと、わかってますか?

Home / ニュース
Date: Aug 3, 2020
Author: 編集部 136 コメントはまだありません

「脱ぎ履きがラクだから」
そんなことで靴を選んでいるなら、
それは、間違いです!

いつも忙しいあなた。

「脱いだり履いたりがラクな靴がいいわ」

すっと履けて、すぽっと脱げる靴ですね。

それって、足をしっかり守ってないことの表れ。
歩くのには不向きな靴ってことなんです。
足元をしっかり守らずに歩き続けると、足に余計な負担をかけて、足が痛くなったり、
変な歩き方で体のバランスが歪んできて、いろいろなところに不調が出てきたりします。

『9ga』の靴は、足の甲からかかとまでをしっかり包み込むタイプのものがほとんど。
一度履いてみると、
「え!? こんなに安定して歩けるんだ!!」と
驚きの履き心地を体感できます。
ぜひ、お店で試し履きしてみてください。

『9ga』では、まず、あなたの足を正確に計測・診断することから始めます。
もちろん、無料。
あなたの足に合うように調整するため、お渡しまでには日にちがかかりますが、
ずっと歩き続けられる1足を手にできます。
もちろん、無理なおすすめは一切なし。
安心して、電話(042-319-6686)で予約の上、お店へどうぞ。

サンダルは、普通の靴に比べて足を覆う面積が少ないため、
どこをどのようにホールドするかがとても大切で、デザインが難しい履物です。
上の写真のサンダルは、超シンプルなデザインですが、
歩くことと、体を安定させることを最優先に考えて作られた、
とてもすぐれた機能をもつ一足です。

まず、2本のストラップ。

足首に近い方は、
甲で一番高い位置にある骨(楔状骨 けつじょうこつ)をホールドする位置に配置され、
かかと足首を固定する役目をしています。
足首が固定することで、姿勢が安定します。

次に、爪先に近いストラップは、
足の裏の親指の付け根にあるふくらみ(母趾球)から小指の付け根を覆うように配置され、
歩く方向を安定させる役目をしています。
さらに、足首側のストラップと爪先側のストラップを内側アーチの位置でつなげることで、
女性によく見られる、足首の内側への傾きを予防し、
結果的に膝や股関節の傾きを防ぐことになります。

ぜひ、手に取ってご覧ください。履いてみてください。

永山駅すぐ。
日医大多摩永山病院B棟横の立体駐車場隣のビル2F。
1Fの看板が目印です。


ビルに入ると目の前に階段。
そのまま上ってください。
扉が見えますよ。

現在、新型コロナ対策で、完全予約制での対応とさせていただいています。
まずはお電話(042-319-6686)で予約ください。

シューフィッターの靴屋『9gafootwear』
東京都多摩市永山1-8-17 ボヌール永山2F
042-319-6686
[営業]11:00〜18:00
[定休]水曜日
https://mosimosi.biz/places/9ga

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です