logo 【もしもしweb】

Home / 漢方コラム(108)長引く咳の漢方

Home / ドクターコラム
Date: Sep 18, 2020
Author: 編集部 51 コメントはまだありません

コロナ感染が気になり、ちょっと咳をするのも憚られますね。漢方薬局には、風邪の後、咳だけ長引く、アレルギーや喘息持ち、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患COPD)などのうち、薬が効かなくて困ってとるという方が相談に見えます。漢方薬と化学薬品の違いは、単純に気管支を広げるだけではなく、体力を補ったり、炎症を抑えたりするさまざまな薬草がブレンドされていることです。例えば、「風邪や肺炎などの回復期に熱が長引き、咳や痰が出る症状」に用いる「竹筎温胆湯(ちくじょんうんたんどう)」。体力をつけるための高麗人参、ノドを潤す麦門冬(ばくもんどう)、気の巡りを良くする枳実(きじつ)、痰を切る桔梗など、13種類の生薬が混合されているもので、それぞれが助け合って効果を発揮します。シャープな効き目ではありませんが、さまざまな成分が少しずつ入っているので、治す手助けをしてくれる薬が漢方なのです。