logo 【もしもしweb】

Home / エアロゾル感染

Home / ドクターコラム
Date: Sep 30, 2020
Author: 編集部 69 コメントはまだありません

最近「エアロゾル感染」という言葉を耳にします。エアロゾルは、日本エアロゾル学会によると「気体中に浮遊する0.001・100μm程度の微小な気体または個体」を指し、医学的には飛沫から水分が蒸発し直径5μm以下になった粒子(飛沫核)をいいます。これが問題なのは、長時間空気中に漂い部屋中に広がって空気感染することです。WHOは、新型コロナウイルスの空気感染について当初否定していましたが、最近その可能性に言及するようになりました。またウイルスがエアロゾル上で約3時間生存することも確認されたため、3密を避ける時に「十分な換気を行う」ことが重要になってきました。冷暖房を使う際、窓を少し開けて空気の入れ替えを行ってください。またインフルエンザと症状を区別することは難しいため、なるべくインフルエンザの予防接種を行いましょう。