logo 【もしもしweb】

Home / 糖尿病網膜症治療の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Sep 18, 2020
Author: 編集部 23 コメントはまだありません

糖尿病網膜症は、糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受け、視力が低下する病気です。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、実際にはわが国では成人の失明原因の第一位となっています。糖尿病網膜症の治療はまず全身の血糖をコントロールし、病状に応じてレーザーを使う治療が一般的です。レーザー治療は主に網膜の酸素不足の解消、新生血管の発生の予防、すでに出現してしまった新生血管を減らすことが目的です。早期であれば将来の失明予防のためにかなり有効です。この他、病気が進行している場合には細い手術器具を使用し、目の中の出血や増殖組織を取り除いたり、剥離した網膜を元に戻す硝子体手術を行いますが、眼科領域では高度なレベルの手術となります。さらに黄斑浮腫を生じた場合は硝子体注射を行うことがあります。