logo 【もしもしweb】

Home / 口呼吸への対応

Home / ドクターコラム
Date: Oct 22, 2020
Author: 編集部 54 コメントはまだありません

前回に引き続き口呼吸(鼻呼吸障害)のお話です。副鼻腔炎のしっかりした診断が必要です。頭痛の原因にもなる部位で5ヶ所を診ます。その程度と難治性か否か、鼻水がのどを流れていないか、喘息の原因になっていないか、集中力に影響を与えて散漫になっていないか、姿勢に影響が出ていないか、さらにアデノイドと扁桃の大きさを確認します。年齢ごとの大きさは矯正歯科専門医が診断しています。免疫にもかかわるところで、必要に応じて耳鼻科医を紹介します。扁桃は口臭の原因の一つです。これら上気道の炎症は腎臓や心臓にも悪影響を与えるので(腎炎、高血圧)、注意が必要です。顔貌の成長にも悪影響を与え、面長な顔になったり、受け口に育ったりします。歯並びを治すことで、これらを良い状態にしていき、健康なお子さんに育てることのお助けができます。