logo 【もしもしweb】

Home / 感冒対策

Home / ドクターコラム
Date: Oct 22, 2020
Author: 編集部 61 コメントはまだありません

10月、今年は新型コロナウイルスの感染が続いているため、冬のウイルス感染症は頭が痛いです。インフルエンザの診断は鼻咽喉からの抗原採取が一般的ですが、新型コロナウイルスの場合は同じ抗原検査では感度が低く、正確な診断が困難といわれています。そのためPCR検査が勧められるのですが、時間差や採取方法に問題があり悩むところです。私自身はインフルエンザワクチンの積極的な接種、マスク着用、手洗い消毒、海外からの渡航者の減少、発熱児童、大人の自宅待機等を鑑みると本年はインフルエンザの爆発的な流行は例年に比べて小さいと考えています。でもあくまでも予想なので、今から対策しましょう。かかったかなと思ったら、首の付け根に湿布を貼り、葛根湯または麻黄湯を熱いお茶とともに服用、何枚も厚着してください。流れる汗と共にだるさが消えていきます。