logo 【もしもしweb】

Home / 翼状片の最前線

Home / ドクターコラム
Date: Oct 22, 2020
Author: 編集部 81 コメントはまだありません

翼状片とは、白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭(めがしら)の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気で、しばしば、両目に起こります。自覚症状としては充血や異物感などがあります。鏡で自分の目を見れば一目瞭然なので、「白目の一部が黒目に伸びてきた」というような症状で受診される人がほとんどです。原因は不明ですが、高齢者に多く、病気の発生には紫外線が関係しているといわれています。
翼状片自体は悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はないのですが、充血や異物感が強くなってくれば点眼などの治療を行います。根本治療には手術が必要です。また、翼状片が瞳の近くまで伸びてくると乱視が発生して見えにくくなるため、この場合も手術が必要となります。ただし、手術を行っても再発することがあります。