1. HOME
  2. イベント
  3. アート
  4. 日本の美術を貫く 炎の筆〈線〉(11/23迄)

日本の美術を貫く 炎の筆〈線〉(11/23迄)

二十歳を迎えた『府中市美術館』に突如出現した謎めく展覧会!
日本の美術は素晴らしい「線」の表現で満ちあふれています。
生命が、喜びが、あふれ出すような「線」、ほほえむような柔らかな「線」、音楽のように流れる「線」、緊張が漂う「線」。
線を見るだけで画家たちの「熱気」が直に伝わってきます。
土器、刀、禅画、日本画、油彩画などさまざまな分野の作品約130点が放つ、やさしく、力強く、楽しい「元気」をさあ、楽しんでみませんか?
同時に公開制作「三沢厚彦 府中の森のアニマルルーム」を開催。
二十年の節目をゲストとともに作ります。

開催日時

11/23(月祝)迄
※(月)休館・(月)が(祝)の場合は開館し、翌平日が休館
10:00~17:00※入場は16:30迄

会場

府中市美術館

会場住所

府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内(GoogleMapで開く)

 

料金

一般500円、高校・大学生250円、小・中学生100円
※未就学児及び障害者手帳等をお持ちの方は無料
※府中市内の小・中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料

問い合わせ先

府中市美術館

TEL

ハローダイヤル
050-5541-8600

WEBサイト・メールアドレス・SNS

https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

EVENT

イベント情報