エリア : 府中市

【7/23㈪】
[平成30年度調査研究結果発表シンポジウム]
人口減少・少子高齢化社会を見据えた多摩・島しょ地域自治体における
地域戦略としての多文化共生

2018年 06月 27日

~経済分野と防災分野の取組から~

『東京市町村自治調査会』の平成30年度調査研究結果発表。人口減少・少子高齢化社会において、外国人を支援の対象としてだけではなく、地域の担い手として捉えることは必要不可欠です。そこで、「多摩・島しょ地域自治体における地域戦略としての多文化共生」をテーマに、経済分野と防災分野で実際に多文化共生による地域づくりに携わる方 々による講演とパネルディスカッションを行います。これにより、市町村職員や住民が地域戦略としての多文化共生を考える契機となることを目指します。
▶7/23㈪12:30~受付・13:30~16:45

▶府中市市民活動センタープラッツ バルトホール

※京王線府中駅南口徒歩1分

▶基調講演:

「多摩・島しょ地域自治体による戦略的な多文化共生施策の必要性と今後の展望~人口減少・少子高齢化社会を見据えて~」

田村太郎氏※(一財)ダイバーシティ研究所代表理事・明治大学大学院兼任講師

▶調査研究結果発表:

「多文化共生に向けた地域における国際交流に関する調査研究結果」

白坂奈往氏※(公財)東京市長村自治調査会調査部研究員

▶パネルディスカッション:

第1部(経済分野)

「外国人材の活躍による地域の活性化に向けて」

(高木泉美氏※福岡市総務企画局国際部国際政策課長、後藤裕幸氏

※㈱グローバルトラストネットワークス代表取締役)、

第2部(防災分野)

「外国人との共生による安全・安心な地域づくりに向けて」

(中西まり子氏※草津市国際交流協会副会長、アタライ由希氏

※(宗)日本・ディヤーナト)

▶参加無料

▶定員:申し込み先着順80名

▶申し込み方法:

はがきかFAXで、代表者の氏名(ふりがな)・〒・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス、参加希望人数を明記の上送付するかホームページから

▶申し込み締め切り:

7/13㈮必着

《申し込み・問い合わせ先》

〒171ー0042

豊島区高松1-1-11

平成30年度調査研究結果発表シンポジウム事務局(㈱ステージ内)

FAX03(5966)5773

https://comm.stage.ac/itmrsympo30/

☎03(5971)0203

※㈯㈰㈷除く10:00~18:00

 

イベント開催地図

イベントのご感想を返信してください。

お名前 :

メールアドレス :

ホームページURL :