1. HOME
  2. まちのニュース
  3. 食品ロス 食べ物を捨てない社会へ

mosimosiweb2020

食品ロス 食べ物を捨てない社会へ

国連の「持続可能な開発計画(SDGs)」を踏まえ、国内外で関心が高まっている「食品ロス」。本来食べられるにも関わらず捨てられてしまう食べ物のことです。日本では、平成29年度に約612万トンの食品ロス(事業者から約328万トン、家庭から約284万
トン)が発生したと推計されています。世界を俯瞰してみると、多くの人が飢餓で苦しんでいる現状なのに…、です。「もったいない」の気持ちを大切にして、できることからやってみませんか?

●家庭で発生する食品ロスは?
家庭で発生する食品ロスは大きく3つに分けられます。
①食卓にのぼった食品で、食べきらずに廃棄されたもの(食べ残し)
②賞味期限切れ等により使用・提供されず、手つかずのまま廃棄されたもの(直接廃棄)
③厚く剝きすぎた野菜の皮など、食べられない部分を取り除くときに過剰に取り除かれた、実は食べられる部分(過剰除去)
あなたの食卓で捨ててしまった食品で、上の3つに該当するものはありませんか?

●食品ロスを減らすために…
食品ロスを減らすためにできることを、場面ごとにまとめます。参考にどうぞ。
[買い物のとき]
買い物の前に冷蔵庫の中や食品庫の中の在庫を確認! 食べきれいないほどの食材を買うことがないように注意を。また、すぐに食べる食品は賞味期限や消費期限の長い商品を選ぶのではなく、陳列順に購入を。
[調理するとき]
食べられる分だけ作ること。食材が余ったときは、使い切りレジピを検索するのもおすすめです。
[保存するとき]
食べきれなかった食品は、冷凍など傷みにくい保存方法を検討! また、食べ忘れをふせぐために、冷蔵庫の中の配置方法にひと工夫を。
[外食するとき]
食べきれる量を注文すること。残った場合、ドギーバッグ等で持ち帰ることができるか確認してみて。
[食べきれないとき]
買いすぎて食べきれない場合や贈答品が余る場合は、フードドライブなどへの寄付やお裾分けの検討を。
(参考資料:環境省「食品ロスポータルサイト」より)

関連記事