1. HOME
  2. まちのニュース
  3. ~学而会から羽ばたいて~ Vol.1

難関突破進学教室 学而会

~学而会から羽ばたいて~ Vol.1

難関校突破進学教室『学而会』
■地元NO.1の合格実績
■1クラス8人の少人数制
■全員教科別専任講師
■独自のメソッド
【3月新学期生「個別入塾説明会・体験授業」受付中】

 

「あの時学而会に入らなければなかった世界。本当に感謝しています。」
株式会社CS-C
コンサルティング事業部 マネージャー
侭田匡史さん 
 学而会に通ったのは気付けばもう15年も前の話になります。今でも鮮明に覚えています。センター試験の数学ⅠAⅡBの総得点が67/200、2次試験の数学が0点で不合格。もしあの時学而会に出会っていなければ、私は京都大学に合格することは確実になく、その後の素晴らしい出会いもなかったでしょう。今日は過去を懐かしみながら、大学生活を回顧したいと思います。
志望理由の大部分を占めたのが、「吉田寮」という学寮の存在でした。寮は大正時代のままの木造宿舎で、一見するとお化け屋敷。ただし寄宿料は月400円、1年住んでも4,800円。ここだけ物価が日本ではありません。代わりに、部屋は八畳一間の3部屋を8人でシェア。学年も学部も国籍も全く関係ない人たちと相部屋になるので、私も日本人以外の人と数年一緒に暮らしました。
寮の生活は、今までの価値観を覆すほどエキサイティングでした。お互い干渉せず自分の好きなことを突き詰める人間ばかり。部屋の畳を引っぺがして水田を作りお米を作る人や、1日中哲学書を読み続ける人、弁護士の資格を持ちながら大学に5回入りなおし何をしているか一切不明な人など…私も周りに影響され、中庭で鶏やアヒル、エミューを卵から孵化させて飼育する、畜産同好会なるものに没頭していました(ヤギやタヌキも飼いました)
その一方でお互いに無関心な訳ではなく、むしろ立場や年齢に関係なく誰かの問題に勝手に口を挟んでくる、でも全員がそれを許容し合う空間でした。それなりの年になって感じることは、立場やしがらみに関係なく、純粋に問題を議論できる環境というのは中々ありません。
私の大学はまさに寮一色、その後の人生の価値観を大きく形成した場所でした。それも、あの時学而会に入らなければなかった世界。本当に感謝しています。皆さんも、もしかしたら学而会との出会いが、人生を変えるきっかけになるかもしれません。皆さん良い出会いが生まれることを期待して、筆をおきたいと思います。

◆◆2006年 京都大学経済学部合格◆◆
〜侭田さん当時の体験記〜
 1浪目は某大手予備校の京大コースに行っていましたが、数学の偏差値が40の私は、授業に全くついて行けず志望の京大は不合格。必然であったように思います。2浪目は、数学を基礎の基礎からやってくれる塾を探していたところ、偶然『学而会』の広告を見つけました。学而会に来て一番感動したことは、伊藤先生は肩書きで人を判断しないことです。2浪で国立高卒で京大志望だと告げると、それまでの塾や予備校は「出来る人」を想像するらしく、私の本当の状況をわかってくれるところは皆無でした。伊藤先生は体験授業の時、高校1年でも解ける三角比の問題がわからない私に、懇切丁寧に説明してくださったことを今でも鮮明に覚えています。その瞬間に学而会への入学を決意しましたが、その選択は今でも間違っていなかったと自負しています。
学而会の授業は、「なんでそんなことから?」というレベルから始まります。時には中学校レベルに遡ることもありました。しかし「なんでそんなことから?」の積み重ねが「基礎」となり、他の受験生にはない圧倒的な力に変わるのです。事実、私は2浪した時点での偏差値40から最後の記述模試では66まで上昇、慶應オープンでは1位を獲得しました。去年ほぼ白紙で出した京大数学も今回はきっちり書き上げ、念願だった京都大学に合格を果たしました。まず一度、学而会の体験授業をおすすめします。

その他の体験記はこちらから!

店舗名

難関突破進学教室 学而会

住所

永山本校
東京都多摩市諏訪3-14-10ホワイトハウス2F(GoogleMapで開く

永山新自習棟
東京都多摩市諏訪3-7-30(GoogleMapで開く

多摩センター校
東京都多摩市落合1-15-2多摩センタートーセイビル5F(GoogleMapで開く

TEL

042-372-6818

時間

[受付時間]
永山本校 9:00〜22:00
多摩センター校 16:00〜22:00

定休日

日曜・祝日

WEBサイト・メールアドレス・SNS

https://www.gakujikai.com/

関連記事