1. HOME
  2. まちのニュース
  3. 多様な人達が集う楽しい居場所づくり

アンドラフ

多様な人達が集う楽しい居場所づくり

重度の障害を抱える未就学児と18歳以上の方のための通所施設である『+laugh(アンドラフ)』(運営:一般社団法人Life is)。
 居場所の確保が難しく、他者との交流機会も少ない障害者たちの、単なる施設としてではなく、地域のさまざまなモノや人に対して、「+α」し、「&laugh」としてコラボすることで、新しいことが生み出される事業所づくりを目指しています。
「障害者はもちろん、地域に暮らす人々全てが安心して利用できるよう、気軽に集い利用できる交流場所を目指していきます」と話す影近卓大代表。
影近さん自身、小さい頃から障害者を身近な存在として接して来ました。「当たり前のように接していく中で、障害者としてではなく、一人の人間同士としての関わり方が自然とできていったと思います。障害者やその家族が抱く将来への不安、社会から切り離されていくような疎外感…そうしたさまざまな思いを感じるたびに、自分には何ができるだろうか?と自問してきました」と影近さん。
その答えが、『アンドラフ』でカタチとなりつつあります。

『アンドラフ』は、地域の方々が行きかう「諏訪名店街」の中にあります。常に人々の目に触れ、人の息づかいが感じられる環境に恵まれています。表情豊かな事業所にしていくためにも、さまざまな使い方をしてもらえるよう、施設の一画に「駄菓子屋」を併設しています。
子どもたちのオアシスであり、社交場でもあった駄菓子屋は、時代の変化とともに数も減り、子ども達が無邪気にはしゃぐ姿も見られなくなりました。そんな駄菓子屋を商店街に開き、昔懐かしい駄菓子の数々を手に取って楽しんでいただきたいとの思いを込めています。
障害のある利用者さんが店番役をつとめ、お客さんとして訪れる子どもや大人たちと駄菓子を通じて自然にふれあう、そんなシーンが日常で繰り広げられています。
種類は60種類以上あり、「あの駄菓子が食べたい」というリクエストにも対応します。
気軽に遊びにお寄りください。

また、施設の2階にあるフリースペースは、施設利用者だけでなく、地域の皆さんに自由にご利用いただけます。
ワークショップや趣味の教室を開いたり、展示会場として、子ども達の勉強部屋として、時にはママたちがお弁当を持ち寄りランチ会にも! 利用者同士が空間・時間を自由にシェアして、いつでも誰でも無料で利用できる、文字通りの〝フリースペース〟として皆さんに喜んでいただいています。
どんな場所か、ぜひ一度遊びにいらしてください。

+Laugh(アンドラフ)
https://www.instagram.com/andiaugh2021/

店舗名

+Laugh(アンドラフ)

住所

多摩市諏訪5-6-3

問い合わせ

TEL042-400-6182

受付

10:00〜16:30

定休

(日)

HP

https://lifeis-llc.com/and_laugh/