1. HOME
  2. コロナと歯科の関連について

コロナと歯科の関連について

毎日、新型コロナウイルスの情報を聞かない日はありません。歯科とはどんな関係があるのでしょうか。
歯周病菌などの口の中の細菌は、少量ですが肺の中にも入ります。普段はそれで問題ないのですが新型コロナウイルスに感染すると肺の免疫力が低下し、そのような状態で肺に細菌が入るとウイルスによる肺炎とは別に口の細菌による肺炎を起こします。ウイルス性肺炎と細菌性肺炎のダブルパンチが危険なのです。ウイルス感染に続いて起こる細菌性肺炎の発症リスクを日ごろからできるだけ低くしておくことが新型コロナウイルスに打ち勝つポイントだと花田教授はおっしゃっていました。また、爪を噛む癖がある方はとても危険です。爪の間に入ってしまったウイルスや菌によって感染してしまうケースもあるようです。細かい所にも気を付けましょう。

京王堀之内駅前 豊歯科医院
院長:阿部 豊

関連記事