1. HOME
  2. 矯正治療での精密検査の必要性

矯正治療での精密検査の必要性

矯正治療において、精密検査はなぜ必要なのかという質問をいただきましたので、どのような目的で行っているのかをご紹介いたします。
1、骨格・歯・関節・筋肉の検査を行い、現在と将来に起こりうる病気(不正咬合)を探す。
2、病気の治療法(装置)を決定する。
3、治療法の順番(治療計画)を決め、期間の見通しを立てる。
以上、3点です。
病気の種類によって装置が限られることもあります。また、病気の複雑さや装置によって治療期間が長くなることもあります。そこで、正確に装置や期間を決めるために精密検査が必要になるのですね。
病気や生活は人それぞれですので、より自分にあった矯正治療の治療計画を決めるため、一度、相談に来ていただければと思います。初回の相談も予約制ですので、まずはお電話をください。

有間矯正歯科クリニック
理事長:有間 英仁

関連記事